インプラント治療

インプラントとは、歯をむし歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯のことを言います。従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削って、ない部分の義歯を支えたり、取り外しの義歯を作っていました。ところが、ブリッジについては失った歯を支える為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。当院ではより安全で精度の高いインプラント治療を行うため、ブローネマルクシステムを採用しております。ブローネマルクシステムは、歯科医療先進国スウェーデンのブローネマルク教授により開発・確立されたインプラントです。

他の治療法との比較

インプラントの場合

治療方法とイメージ 硬い物が噛める 違和感が少ない 美しい
仕上がり
保険適応がある 特徴
インプラント歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法 ×
  • 顎の骨に固定されているので自分の歯と同じように食べることができる。
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 簡単な手術が必要

ブリッジの場合

治療方法とイメージ 硬い物が
噛める
違和感が
少ない
美しい
仕上がり
保険適応がある 特徴
ブリッジ失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法
(材料等に応じて)
  • 固定式のため違和感があまりない
  • 両隣の健康な歯を削らなければならない。
  • 周囲の歯に負担をかける

入れ歯の場合

治療方法とイメージ 硬い物が
噛める
違和感が少ない 美しい
仕上がり
保険適応がある 特徴
入れ歯失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外し可能な人工の歯を留める方法
(材料等に応じて)
  • 歯を削らずに済む
  • 食べ物が詰まりやすく、むし歯や口臭の原因になりやすい
  • 周囲の歯に負担をかける

総入れ歯の場合

治療方法とイメージ 硬い物が噛める 違和感が少ない 美しい
仕上がり
保険適応がある 特徴
総入れ歯取り外し可能な人工の歯を顎の上に乗せる方法
(材料等に応じて)
  • 簡便である
  • 入れ歯がぐらついたり、ずれたりする
  • 食べ物が入れ歯と歯茎の間にはさまり、痛むことがある

インプラント治療の流れ

ステップ1 診査・診断
レントゲン
  • インプラントを埋め込む顎の形や噛み合わせを診査するため、お口の中の型をとります。
  • 顎の骨の量や質を検査するためレントゲン撮影、またはCT撮影を行います。
ステップ2 手術
インプラント

麻酔をかけて行いますので痛みはありません。骨を削りインプラントを埋め込み、蓋を取り付けて粘膜を閉じます。骨の状態によって、術式が異なります。

1回法

【1回法の場合】
1回法の手術の場合は、大きめの蓋を取り付け、お口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了します。


2回法

【2回法の場合】
2回法の手術の場合は、一度目の手術の治療期間終了後、粘膜を開けて、大きい蓋に取り替える二度目の手術を行います。

ステップ3 仮歯装着
仮歯装着
  • 治癒したところで場合によっては、仮歯を作り、実際に使用していただきながら形態や装着感などを確認します。
  • かみ合わせや強度に違和感があれば歯科医師と相談し、本歯の作成に向けてデータを集めていきます。
ステップ4 最終的な歯の装着
最終的な歯の装着
  • 仮歯の装着で得た情報を基に歯並びや色をチェックして最終的な本歯を作製します。
  • 作製した本歯を装着し、治療が完了します。
ステップ5 メンテナンス
メンテナンス

治療が終わった後も、定期検査をしながらきちんと管理していきましょう。


▲ページの先頭へ戻る