審美歯科治療

審美治療とは、ただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。機能的な側面と審美的な側面、どちらも健康的な日常生活を送るうえで大事な要素ですが、保険診療による一般の歯科治療では、むし歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。当医院では、最先端の歯科医療技術で審美的にも機能的にも患者さん一人ひとりに合った治療を行っております。

歯を削らずに白くするブリーチング

今まで歯を白くするには、歯を削ってプラスチックやセラミックでおおい、変色をかくす方法しかありませんでした。ブリーチングは、そういった人工的な材料を使わずに、あなた自身の歯を白くする、従来の方法とはまったく違う発想の新しい治療法です。

ブリーチングは痛くないの?
歯については、多くの場合、痛みはありません。歯肉はラバーシートで保護します。麻酔の注射も不要です。
副作用は大丈夫?
ブリーチング剤の主成分は、消毒剤としてよく使われている過酸化水素水です。副作用に問題はありません。
ブリーチングを受ける前の注意は?
  • ブリーチングの効果は人によって異なります。どのくらいの白さにしたいのか、ご自分の希望を担当医に伝えてよくご相談ください。
  • 変色した歯の中には、ブリーチングだけでは難しいものがあり、ラミネート・ベニアなどの治療法が適している場合もあります。
  • エナメル質に亀裂のある歯はブリーチングに適しませんが、治療をすればブリーチング可能になりますので、担当医にご相談ください。
  • 不適合なつめ物などがある場合は、その治療を優先する必要があります。
ブリーチングに必要な期間は?
  • ブリーチングの回数や治療期間には、個人差があります。1回のブリーチングで希望する白さになる人もいれば、数回のブリーチングが必要な人もいます。
  • また、ブリーチングの回数や治療期間は、歯の変色の状態や原因に大きく左右されます。希望されてる白さの程度によっても違ってきます。
ブリーチングにかかる費用は?
  • 現在のところ、生きた歯(生活歯)のブリーチングは健康保険適用外で、いわゆる自由診療扱いになります。治療費については、担当医にご相談ください。
  • 歯の変色の状態や原因、希望される白さの程度、本数によって治療費も違ってきます。十分に納得いくまで説明を受けてください。不明な点は担当医に遠慮なく聞いてください。

セラミック治療

セラミック治療はセラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。芸能人なども受けている治療で、とても白く美しい歯にすることができます。

セラミックインレー

セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。むし歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、むし歯治療をした部分を埋める場合に用います。セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。治療費は、やや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりを求める方にはお勧めです。

セラミッククラウン

金属を全く使用せず、陶器のみで作られたクラウンなので、金属アレルギーなどの心配がなく、アレルギーの方も安心です。特に色調や透明感に優れていますので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができるため、前歯などきわめて目立つ部分の歯の治療に適しています。むし歯を治療したあと、歯の表面を削り、そこにセラミックのクラウン(冠)をかぶせて、歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善する方法です。

▲ページの先頭へ戻る